野球に必要な筋肉について勉強してみた!

スクワット
Pocket

野球にはもも裏の筋肉!
本当に重要!

管理人やすぞうは草野球で投手をしているが、どのようなトレーニングしたら良いパフォーマンスをできるのかを常に追求しています。
投手は「下半身」が重要だと言うけど下半身を鍛えれば良いというわけではない事に最近気づきました。
重要なのが「もも裏の筋肉」ハムストリングなんです!
今日は草野球の投手のトレーニングについてレポートします。


■野球は下半身で投げる

ピッチングは下半身で投げると言いますけど、私はこの事を理解できていませんでした。
野球のピッチャーは手で投げます。
でも重要なのは下半身。なんで??
その理由はをちょっと説明します。

・下半身が大事なピッチングフォーム

重要なのは下半身主導のピッチングフォームだと最近実感しました。
私はどちらかというとアーム式(手投げ)で長い間投げてきました。
長い年月染み付いた投げ方を変えるのは難しいけど下半身主導で投げられるように頑張っています。
改善方法として、助走をつけて遠投すると遠くまで投げられますよね?
「投げるのは手ではなく全身」これを頭の中で考える事が大切です。

わかっていてもなかなかできないのですが、アーム式と呼ばれる「手投げ」に近かった管理人は下半身を使う投球をひたすら練習しました。

■急速が全然違う!

体全体を使えるようになると手だけで投げるより力の伝わり方が全然違います。
軽く投げても、伸びる感じがするんです。
上級編では腕のしなりを使ったムチのような振りが必要なんですが。。。

ムチのような腕の振りは管理人もまだまだ勉強中です。
いかにコントロールよく速い球が投げられるのかは、もも裏の筋肉(ハムストリング)がいかに安定しているが重要だと思う。

右投手であれば左足を上げた時に「右足の内側に力が入っているか?」
「手だけで投げていないか?」

チェック項目はホントに多いけど、体の使い方を覚えると笑えるくらい簡単に速い球が投げられるようになります。
それを最近気づきました。
助走をつけて投げる遠投に近い球を、マウンドから投げ込めるかは下半身の使い方が重要です。
それだけ下半身の筋力アップは重要なんです。

2018年モンドセレクション金賞のHMB極めボディ!

HMB限界吸収量で「モテる」カラダを手に入れる業界最大量のHMB配合+業界初の吸収成分アストラジン配合で理想の体型に近づくサプリメント【HMB極ボディ】
プロテインに変わるサプリメントとしてアメリカで大流行。
日本で唯一アストラジンを配合したHMB極めボディはモンドセレクション金賞を受賞!
副作用なんて一切ないしプロテイン感覚で飲めるサプリ。
管理人も愛用している絶対外せないサプリだ!
初回限定モニターは95%オフの500円は必見だ!アスリート系Youtuberも数多く愛用しているHMB極めボディは必見だ。

HMBサプリ

>ワンコインで腹筋バキバキになりたい方はこちら!!

Pocket

管理人イチ押しのダイエット用品

簡単に痩せる方法は残念ながらありませんが覚悟を決めた人のダイエットは成功率はかなり高いです。
まちがった「簡単なダイエット商品」ではなく、しっかりと効果の出るダイエット商品を購入しましょう!
おすすめランキングで紹介しています。
「頑張る覚悟」があれば成功できますよ!


商品ランキングはこちら!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)