スクワットの正しいやり方~ハムストリングとお尻に効く~

トレーニング
Pocket

お尻を遠くに
膝は動かさない
スクワットのコツは2つ



スクワットは屈伸運動ではありません!

正しいスクワット方法って意外と知らない方が多いんです。

下の画像がスクワットの降ろした時の正しい姿勢です。

スクワット

膝を曲げるのではなく、お尻遠くに!

お尻に座るイメージで降ろしていきます。
初心者の方は写真のように何も持たないでの自重スクワットで
もも裏とお尻に効果あるのが分かると思います。

次に実際にバーベルを持ってのスクワット
下の女性の方もお尻を遠くにしゃがめています。

スクワット

この重さを持って屈伸運動をしても
おそらく下がれないと思います。

スクワットは、
ハムストリング(もも裏)
お尻をメインに鍛えます。

前ももは使わないやり方を覚えましょう!

お尻ともも裏に座るイメージでのスクワット覚えて下さい。

続いては私の画像ですね。
バーベルを首の後ろにかけたら、
お腹に力を入れて、
バーベルを支えます。
この体勢からお腹を引っ込めて、
もも裏の筋肉を伸ばす感じで下がります。

スクワット

もっとお尻を遠くに!
しゃがむんじゃないよ!
お尻に座るイメージ!(しつこいw)

スクワット


正しいスクワットは腰を痛めやすいので、
腰にベルトを巻くようにして下さい!

良く腰にベルトを巻いている人を見ますが、

おしゃれではないです。

筋トレの効果を上げる為でもないです。
ケガをしない為なんです。

まとめ

・スクワットはお尻を遠くに。
・もも裏(ハムストリングを伸ばすように
・屈伸運動では無い

スクワットは基礎代謝を上げるのには非常に効果的なトレーニングです。
まずは自分の体中で行う事から始めてみて下さい。
今までのスクワットを見直したい方も参考にして下さい。

Pocket