デッドリフトの正しいやり方~勢いつけないし手も使わない~

デッドリフト
Pocket

腕は吊るすだけ!
お尻で持ち上げる!
この二つの意識!



デッドリフトの正しいメニューの紹介です。

デッドリフトは、スクワット同様に、
下半身強化には必須の筋トレメニュです。

順番に説明していきます。

スタート時の姿勢

デッドリフト

膝から下は絶対に前に行かない事です。

・デッドリフトでの注意点

・手の力でバーベルを上げようとしはダメ
・腕はあくまで支えで、吊るしているだけ
・お尻ともも裏の力で上がる

上げる時はまず大きく息を吐いて、
息を吸いながら「ゆっくり」上がってきます。
重いものを上げるときは勢いをつけたいのが人間心理。
しかし勢いをつけては意味がない!
ゆっくりとお尻ともも裏を重心に上がってきます。

上がった時のも腕には力を入れずに吊るすだけ。

デッドリフト

2回目に行く時はスクワットと同じで、
お尻を遠くに!
膝は前に出ないように!
そして腕はつるすだけ!

デッドリフト

これを覚えてしまえば、
デッドリフトは完璧にこなせます。

初心者の方はペットボトルでもOK。
ペットボトルを持ち、正しいメニューで上下してみて下さい。
効果を体感できると思います。

デッドリフトは手が痛くなる!
という話をよく聞きます。

意識することは手や腕のトレーニングではないという事!
腕は吊るすだけというのも忘れないように。

300キロをデッドリフトで上げる人も世の中いますが、
腕の力は皆無!
いかにもも裏(ハムストリング)とお尻で上げるかがポイントです。

強靭な下半身に!
基礎代謝アップの為に、まずは自分の体重からはじめてみてはどうですか?

Pocket