広背筋(背中)のトレーニングメニュー ~背中で語る!~

Pocket

重要なのはこの3つ!
ラットプルダウン
懸垂
ロープーリー


背中を鍛える事は、逆三角形の体を目指す為や、
若く見られるようです。

自分では見えない後ろ姿がかっこよくなる!
普段鏡で見えない、背中もかっこよく仕上げておきたいですね。

・ラットプルダウンの正しいやり方


ラットプルダウンは腕の力を使ったり、
勢いを付けてもったいないやり方をしている方が多いです。
勢い付けてやっては全く意味がなくなってしまうので、
正しいメニューを身につけましょう。

まず下の画像
これから始めるスタートポジションです。

ラットプルダウン

この時はただ手をかけているだけです。
引く時は、息を大きく吐いて、吸いながら引いていきます。

ラットプルダウン

引きました。
この時重要なのは、
両腕を背中でくっつけるイメージ
で行う事!
腕だけで引いたり、
足を上げて勢いで引いたりしては絶対にダメです。

ポイントは背中で引っ張る事!

・懸垂の正しいやり方

懸垂もラットプルダウンと要領は同じです。
腕で上がらずに、背中で上がる!
背中で上がる事で背中の筋肉が刺激されます。

懸垂

懸垂もただぶら下がっているイメージです。
ここから背中の筋肉で上がってきます。

懸垂

伸ばした状態で、息を大きく履いて、
吸いながら両腕を背中でくっつけるイメージで上がります。
個の画像は腕であがってるように見える。。

・ロープーリーの正しいやり方

こちらも手で引きがちな種目です。
ロープーリーも背中で引く事を忘れずに!

ロープーリー

背中を大きく広げるイメージで、
全身の力を抜きましょう。
ストレッチ効果もありますよ(笑い)

次に引きます!

ロープーリー

この時も腕では無く、
背中で引っ張ってきます。
下半身が土台になっているので、
足をしっかり固定するのにも神経使います。

腕で引っ張ると重い重量は引けないし、
効果は少ないので、
猫背の状態から、背中の筋肉を使って引っ張って下さい。

背中の筋肉はこの3種目で大きく鍛えられると思います。

肉体改造へかっこいい背中を目指しましょう!

Pocket