大胸筋のトレーニングメニュー

Pocket

大胸筋この二つで十分です!
ベンチプレス
腕立て伏せ

 

上半身のトレーニング。
意外と知られていない、正しいベンチプレスのやり方です。
ベンチプレスは腕で上げるのではなく、
胸の力、体全体を使います。

・ベンチプレスの正しいやり方

ベンチプレスはバーベルを腕上げるわけではありません!
胸の筋肉(大胸筋)で上げるんです!

初心者の方は、腕の力だけでバーベルをあげようとしてしまうので、
ベンチプレスの効果が腕に行ってしまうんです。

まず下の画像、これからベンチプレスをしようとしています。
大きく息を吸って、
胸の筋肉を開きます。
足にも力が入っていますよ。
ベンチプレスは腕では無く体全体を使い上げます!

ベンチプレス

次の画像です。
バーベルを上げました!
上げるときは大きく息を吐きながら、
お腹を上げて開いた胸を戻すようなイメージで。
正しいベンチプレスは背中がピキピキと感じます。

ペンチプレス

背中のピキピキも慣れてきますので、
体全体を使って、ベンチプレスをしてみて下さい。
正しい方法で行えば効果は倍増です。

正しいやり方で行えていると、
段々と体が上にズレてきます。
※写真でいうと鏡の方に体が動いていく。

これは体をしかっり使えている証拠なので、
良い傾向ですよ。

・腕立て伏せ(プッシュアップ)

腕立て伏せも「腕」ではありません。
「胸」です。

下の画像を見てみましょう。
これから腕立て伏せを開始しようとしています。
大きく息を吸いながら、地面に近づけて行きます。

プッシュアップ

地面に近くなりました。
下の画像見て下さい。

腕立て伏せ

ここでも腕に力をいれずに、胸の筋肉を意識する事が大切!
息を吸いながら胸を開いて、
息を吐きながら、大胸筋に力を入れながら上がってくる。

プッシュアップ

これの繰り返しが正しい腕立て伏せです。

大胸筋の筋トレメニューは、
ベンチプレスにおいても、
腕立て伏せにおいても、

腕の力をなるべく使わない意識!

が非常に大切になってきます。

Pocket